« 8月ラウンド1 中央道晴ヶ峰CC後半 | トップページ | 鹿とスリーショット »

2013年8月13日 (火)

バンカーショット&アプローチ練習

ラウンド後
炎天下の午後2時半に
バンカー練習開始

 
今までバンカーショットは
普通に(ボール真ん中、足平行)アドレスして
ちょっと角度をつけて上げてるかもぐらいで
ボール手前をただ狙ってスイングしている
その手前具合が
バンカーの深さやピンまでの距離を意識しすぎで
直打ちしたり、厚すぎたり
ミスも多い
 
 

「開く」というのを教えてもらった
まずターゲットに対して
フェイスを合わせる
足も含めて自分が40°くらい左に回る
グリップをその状態で握る
そうするとグリップの中心が
普通より右になる
その状態でボール手前をスイング
 

直打ちはダメだけど
思いきりスイングしても
ワタシのチカラだと
ホームランはなく
ボールは上がる
高さがあっても確実に出そう
 
 
このアドレスで
グリーン周りもやってみた
まずまず
でも
方向性は9Iでパターのようにする
コロコロアプローチの方がいいみたい

障害物がある時に試してみようっと
 
 
 

30分ぐらい練習して
使いものになるのか?だけど

このバンカーショットや
コース内での急斜面での対応の
アドバイスは絶対にプラスになる!
 
教えてくださった同伴者の方々に感謝です!

 
 
 

意味不明な解説で?だと思いますが
ワタシのレベルですのでご了承ください
質問は答えられません… coldsweats01

 
 

downwardright 励みになりますので、clickよろしくお願いしますflag

にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

« 8月ラウンド1 中央道晴ヶ峰CC後半 | トップページ | 鹿とスリーショット »

コメント

女性って開くって理解出来ない人多いですね。。(汗)
説明に難儀したの覚えてます(汗)

ひらいて打つアプローチは、左足上がりのアプとか
間にバンカーとかがある場合とか、ピンが近くて
ランをあまり出したくない場合とかに使えますよ。

開く度合いによって、飛距離とランの比率を変えて
打ち分けるといいです。

後は、砂が少ないバンカーとか、雨で固まったバンカーでは
また打ち方が変わるので色々とおぼえておくとイイですよ。

それと、同じバンカーでもPW、AW、SWを使い分ければ、
同じ開き度合いでも飛距離・ランも変わります。
グリーン回りのガードバンカーだけど、ピンまで距離がある場合は、
PWで同じ打ち方をするとか。。。

ちなみにその開いてうつバンカーショットは、誰が打っても
ボールにさえ直に当たらなければ、そんなに飛ばないですよ。

もんきちさんへ

そうです。実は「開く」って、もしかすると
スクールでグリーン周りの寄せで習っているみたいだけど
今回、やっと理解できたんです coldsweats01

もんきちさん、ありがとう!
説明うまい。そうなんだって納得して、考えが広がった。
状況にあわせてこのショットをやっていこう!と思いました。

早くこの記事アップすればよかったー
これからアップするラウンドで
雨で固まったバンカーでこのショット試して
特大ホームラン→OB やらかしてガーンってなってます。(笑)

開くっていうと分かりにくいですが、オープンスタンスっていうことですよね。バンカーショットは、オープンスタンス+フェイスを開く(こっちの開くと最初勘違いしていました)ことで、随分改善しました!砂の中に打ち込む(+振り抜く・・・)のはできるときとできないときがあって(ははは)、できなくて、ボールによく当たると、グリーンを超えちゃうこともあります〜。とにかく数打たないと・・・ですよね。頑張りましょう!

JOYさんへ

バンカーショットを習ったことがなく
手前を振り抜くだけでずーときていまいた。(笑)
できたりできなかったり、グリーン越えもいっぱい
JOYさんと全く同じ状態です。
「オープンスタンス」で、
バンカーショットをお互い頑張りましょうheart01
数こなさないと身に付かないですよねぇー。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39646/52856543

この記事へのトラックバック一覧です: バンカーショット&アプローチ練習:

« 8月ラウンド1 中央道晴ヶ峰CC後半 | トップページ | 鹿とスリーショット »